instagramでいいね!をもらいまくる、おしゃれな料理写真が撮れる3つのコツ

Pocket

みんなはinstagramでおしゃれな写真を撮っているけど、なんか自分のはパッしないなー、と悩んでいませんか?

使ってるカメラ?設定?写真写り?いえいえ、あなたにも今すぐおしゃれな写真を撮ることはできるんです。おしゃれな写真をinstagramにアップするにはまずは、今からお伝えするおしゃれな写真を撮る3つのコツさえ覚えておけば、スマホで十分です。

あなたは、いままではおしゃれな写真の撮り方のコツを知らなかっただけ。おしゃれ写真にセンスは関係ありません。単純に、おしゃれな写真の撮り方のコツを知っているか、いないかだけだったんです。この3つのコツを知るだけで、あなたはinstagramにおしゃれな写真をアップして、たくさんのいいね!を友達からもらうことができます。

今日は、おしゃれな写真をinstagramにアップして、いいね!をもらいたい!と思っているあなたに、今すぐおしゃれな料理写真撮影がうまくなる3つのテクニックをお伝えします。

実際に、この3つのテクニックを使うだけで、SNSでのいいね!の数が2.3倍~2.7倍になります。おしゃれな写真をinstagramにアップしてたくさんいいね!をもらっちゃいましょう!

 

おしゃれな写真のコツ1 自然光をつかう

いくら加工が簡単にできるといってもおしゃれな写真を撮るには、やはり素材が大事。

朝だったら8時~10時。夕方だったら15時~17時の時間帯に、朝日か夕日を利用して写真を撮るのがベストです。プロのカメラマンは時間も指定して撮影に来てくれるのが普通。それだけ自然光を入れるときれいな写真が撮れます。

日陰で普通に撮った写真。いわゆる飯まず写真の代表格です。

夕日で撮った写真。うん、ずいぶん違いますね!

 

おしゃれ写真のコツ2 接写して撮影する

写真というのは非日常を楽しむものです。いい写真というのは必ず非日常の要素が入っています。(参照:いい写真とは日常と非日常のバランス記事)接写とは非日常なので、ハンバーグという普通の被写体に、接写という非日常を組み合わせていきます。

ふつうに撮った写真です。うん、ふつう。笑

接写で撮った写真。接写でとっておけば、なんとなく、おしゃれっぽく見えてきます!

 

おしゃれ写真のコツ3 真ん中からずらす

真ん中に被写体を合わせるいわゆる日の丸構図。これは建物などで左右対称のもの、
一部分だけ明確に主張したいものがある時にはよいのですが、料理というのはお皿全体をとるので、真ん中からずらした構図がきれいに見えます。

 

まとめ

日常の中の非日常を切り取ったときに、いいね!を押してもらえるおしゃれな写真がとれます。今回の写真はすべてライティング・真横のアングル・接写という非日常の要素が入っています。
(参照:写真とは日常と非日常のバランス)

夕日の中で、真横から、顔をべたっと近づけて料理を見ることってないですよね?笑だから、おっ!っと思ってもらえる写真を撮ることができます。

このおしゃれな写真を撮るコツを使って、instagramでいいね!をたくさんもらっちゃいましょう♪

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です