現役女子大生がフィルムの好きなところ3つに全力で絞ってみました!

この記事は3分で読めます

Pocket

こんにちは(^^)

 

写真撮っても

すぐ見ることができないなんて、

ありえない!

 

現像をしに行くなんて面倒!

 

デジタルの新しいカメラを

使いたいなあ

 

フィルムカメラを使い始める前に

わたしが思っていたことです。

フィルムカメラの存在は

知っていましたが、

自分が使ってみよう、

とはなりませんでした。

 

一番どうにかならないかなあ

と感じていたところは

現像というステップでした。

 

撮影して、現像に出す。

時間もお金もかかってしまう。

 

それにほら、

今は写真を撮ったら

フィルム風加工なんて

いくらでもできるじゃーん!

データで写真があれば

形を変えて楽しめるし!

 

そんなわたしが

フィルムにハマってしまい、

今から良さを

熱弁しようとしています。

 

フィルムカメラについて

よくわからないよ〜という方、

魅力をさらに知りたいという方、

またはハマりかけている方にも、

 

現役女子大生がフィルムの好きなところ

3つに全力で絞ってみました!

 

スタートです!どうぞ!

 

  1. 好きなものを追いかけられる

 

まだ、フィルムカメラを

使ったことがない人が

フィルムと聞いて

思い浮かべるのは、

「写ルンです」などの

使い捨てカメラだと思います

 

初めて写ルンですを持った時、

無性に!

友達が楽しそうに

はしゃいでいる姿と

花を撮りたくなりました。

 

使い捨てカメラの写りをふまえると

鮮明に残すことよりも、

その場の空気感や

いいな!この状況!と思った瞬間を

残している感覚でした

 

この無性に撮りたいという

事前に決めているわけでもなく

ただその場で湧いてきた気持ちで

撮影してみると、

何より自分が満足できました。

 

友達が楽しそうにしている姿と

お花。

 

それが一緒に撮れた時

楽しかったなあ

 

自然と好きなものを追いかけたくなる

それが魅力の一つです。

2.何度でもサプライズ!

 

これは、そのままなんです。

何度でもサプライズ。

現像のことです^_^

 

あんなに嫌だな〜と思っていた

現像!

時間とお金もかかってくる。

わたしは学生ですし、

大変な部分もあります。

 

しかーし!

現像されて返ってきて

写真屋さんからの帰り道の

あの何とも言えない

ドキドキ感は

他では味わえないのでは。

 

ましてや、

何ヶ月も前に撮影していた

フィルムの写真を

見た時は特に!

自分が仕掛けたサプライズに

心躍らせてしまいます

 

フィルムカメラでは

好きなものを撮りたくなってしまうので

ああ、あの時の自分は

こんなものが好きだったのか

綺麗と感じたのか

自分なのに面白いな〜なんて

思っています。

 

なんか、タイムカプセルを

開けた大人のような感想ですね。

そう!フィルム写真は

一枚一枚がタイムカプセル!

 

それは言い過ぎ?

 

そのくらい、現像というものには

わくわくしますし、

何回やっても慣れません。

驚きます。こんなの撮れてるんだーーって。

 

それが狙った写真でも

そうでなくても、

面白さがあるところが良いなと思います。

 

タイムカプセル、開けまくりましょう!笑

 

3.世界が広がる!

 

これはすごく個人的な話かもしれませんが、、

フィルムカメラに出会って

自分の世界がどんどんどんどん!

広がっていきました。

 

写真が好き、ということから

普通に過ごしていたら

話すこともなかった人と

友達になれたり、

 

フィルムカメラを好きな人が

まわりに増えていったり、

 

その人たちが

また別の知らない世界を

教えてくれたり。

 

そして、なんと、

こうしてフィルム愛を

書いて、載せていただいたり。

文章を書くことが

こんなに面白いなんて

知りませんでした。

 

この場所にも、

フィルムが連れてきてくれました。

 

フィルムのおかげで

たくさんの出会いがあり、

自分の世界が広がっていくのが

実感できていますし、

すごく楽しいです。

 

でも、もし

自分は一人でただ撮ることを

やりたい、と思って

それを続けていたとしても

十分楽しめていたでしょうし、

日常の充実感と

自分が心動くもの

について知ることができる

その点の視野の広がりは

変わらないと思います。

 

いやぁ、感謝しなきゃですね!

 

と、苦し紛れに絞りました!

細かい話をし始めたらもっともっと

ながーい記事になってしまうかも(^^)

 

今回はこの辺りで失礼します笑

 

まとめ

 

  1. 持ったら自然と好きなものを追いかけたくなる不思議さを持っている!
  2. まるでタイムカプセル?!何度でも楽しめる現像がサプライズ!
  3. 外側も内側も世界が広がっていくのが面白い!

 

わたしによるフィルム愛熱弁回でした!

また次回も、よろしくお願いします(^^)
(ライター : なつ味)

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 皆既月食の撮影
  2. デジタル一眼レフとコンデジのちがい
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。