【カメラ・レンズの分解体験】

この記事は1分で読めます

Pocket

「人生をDIYする」

をテーマにフォレストカメラは全くの素人が

空き家をDIYで改装してお店を作りました。

 

もちろん、私は釘もまともに打てないような素人です。

全く上手く行きませんでした。

 

間違えて釘ではなく、
指を打ってしまったり、
のこぎりで手を切ってしまったりと、
傷だらけになっていました。

 

試行錯誤のうえ、気がつけば

4年をかけて徐々に形になりました。

 

お店に来た方には

「おしゃれですね!」
「男のロマンですね!」
といってもらえるのが、
昔を思えば信じられません。

今までスタッフや地域の方々、

3万人以上のお客様に支えられ、

フォレストカメラは7年目を迎えました。

 

古民家をDIYで改装するときもそうですが、

ものづくりは、まず、今あるものを破壊し、

再創造する過程が必要です。

 

実際、私の身近な、

創造力・アイディアのあふれる人たちは、

子供の頃から機械を自分で分解したり、壊したりして

構造を体で覚えていったそうです。

 

当店にあるカメラ、レンズを分解すること通じ、

子どもたちの、ものづくりへの好奇心、

情熱のきっかけになれるのなら、

それほどうれしいことはありません。

 

DIYとは

Do It Yourself、(自分でやれ!)

の頭文字です。

子どもたち一人ひとりの人生も、

もちろん、おとなになれば全てがDIY。

 

まずはカメラを壊すというDIYの一歩目を通して、
DIYの精神が少しでも子どもたちに
伝えられたら幸いです。

ぜひお気軽にご応募ください。

 

株式会社フォレストカメラ 代表取締役 深澤森

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. まきば公園
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。