北海道の3ピン屋様の作品紹介〜RICOH XR8+TOKINA AT-X 50-250mm〜

この記事は1分で読めます

Pocket

今日は北海道の3ピン屋様の作品紹介です♪

⇨3ピン屋さんのflicker

 

作品名:厚く白い毛布

作品テーマ:廃屋と積雪。

人が住まなくなった家屋は除雪がされず、

あっという間に倒壊していく。

 

場所:北海道三笠市幌内

時間:H30年3月12日撮影。

使用機材:リコーXR8、トキナーAT-X50-250mm F4.0-5.6

ネガカラーフィルムISO100を320で撮影、

反転現像、PlustekOpticFilm 8100でスキャン。


 

一言コメント:

圧巻の一枚です!人に使われなくなった廃屋の

寂寥感を見事に表現しています。

そして、それを包み込む、どこか暖かい厚くなめらかな積雪。

寂しさと時の流れを感じさせてくれる作品です。

雪の感触を鮮明に映し出す撮影技術は素晴らしいの一言です!!

ご投稿ありがとうございました!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. お客様の作品紹介 山茶花
  2. 2017 04.29

    ギャラリー

  1. 掲載ありがとうございます。フィルムの自家現像をやっていて、ネガカラーフィルムをリバーサルのように反転現像すると粒状性と解像度が劇的に向上することを発見し、この1年間、さらに良い結果を得るために試行錯誤しています。発展途上ではありますが、解像度向上のために高価なデジタル機器を揃えることは無意味だと考えるに十分な結果を得ております。

    ただ、今回取り上げていただいた画像は色彩のムラが強く出たため、白黒としてスキャンしました。レンズはフォレストカメラさんから安価で購入したもの、十分な解像度が出ております。
    https://www.flickr.com/photos/threepinner/39003671550/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。